枕草子抄 秋は夕暮

 

 

 

秋は夕暮

夕日のさして

山の端(は)いと近うなりたるに

烏の寝所へ行くとて

三つ四つ 二つ三つなど

飛び急ぐさへ あはれなり

まいて雁などのつらねたるが

いとちひさく見ゆるは いとをかし

日入りはてて 風の音 虫の音など

はた 言ふべきにあらず

 

 

Follow me!