枕草子抄 宮にはじめて参りたる頃(壱)

 

 

 

 

宮にはじめて参りたる頃 物の恥づかしきことの数知らず

涙も落ちぬべかりければ 夜々まゐりて 三尺の御几帳のうしろにさぶらふに

絵など取り出でて見せさせ給ふを 手にても えさし出づまじう わりなし

 

「これは とあり かかり

それか かれか」などのたまはす

高坏にまゐらせたる御殿油なれば 髪の筋なども

なかなか昼よりも顕証に見えてまばゆけれど 念じて見などす

 

 

 

 

 

 

いとつめたきころなれば さし出でさせ給へる御手のはつかに見ゆるが

いみじうにほひたる薄紅梅なるは かぎりなくめでたしと

見知らぬ里人心地には かかる人こそは世におはしましけれと

おどろかるるまでぞ まもりまゐらする

 

 

 

 

Follow me!