枕草子抄 冬はつとめて

 

 

 

冬はつとめて

雪の降りたるは言ふべきにもあらず

霜のいと白きも

またさらでも

いと寒きに

火など急ぎおこして

炭持てわたるも

いとつきづきし

昼になりて

ぬるくゆるびもていけば

火桶の火も白き灰がちになりて わろし